出水と深雪ToyBox

SMDV SPEEDBOX

2015年02月08日(日)22時24分
ドーラーご用達の、SMDV製 SPEEDBOXを購入しました。

新型が発表されましたが、正直違いらしい違いがないので、お高い新型買うよりもモデル末期のを買っちゃうおう!という理由です。
サイズは40cmのでも良かったんですが、Amazonの売ってた中で一番安かった50cmのタイプにしました。
150208_01.jpg

大きさ比較はやっぱりドールだね!
150208_02.jpg
梱包状態からの組立ては、骨組みを差し込むのに数分程度。
あと予備の骨が2本入ってました。

セッティングをして、手持ちのディフューザーと比較して遊んでみました。

セッティングですが、ストロボ付けるのにそのまま付けたら赤外線は隠れて使えない。かといって180度反転させても、角度に制約ありすぎて使い物にならない。
150208_03.jpg

無線がダメなら有線にすればいい!
という事で、手持ちのシューコードを使えばいい、かとも思ったけど、これカールタイプだからブラケットに付ける際に使うくらいで、離れた位置に配置するのには使えない。
150208_04.jpg

そんな訳で、一緒に5mのシューコードも買っておきました。
左が純正。右が今回購入した、ニッシンのユニバーサルシューコード。個人用途ならこれで十分かなと。
150208_05.jpg

ユニバーサルの名の通り複数のメーカーに対応。
接点がキヤノンとは違う。
しかし、マイクロフォーサーズに対応してないから、結局我が家はキヤノン専用ですけどね・・・
150208_06.jpg

本体側のシューにもう1つついてて、コードの先と元の両方にストロボを取り付け可能。
ただし、同時発光は不可能という悲しい仕様。
150208_07.jpg

スイッチがあって、上部か延長先か選べるようになってますが、たんに延長先を発光させるためのON/OFFスイッチとして使えそう。
150208_08.jpg

発光テスト。
うん、KissDNと430EXでは問題なく動いた。
今回は同調速度以内だから問題なかったけど、コードが5mもあるとハイスピードシンクロする場合は信号が間に合うのか若干不安ではありますね。
150208_09.jpg


テスト発光の確認もしたので、ようやく本番のディフューザーテスト!
SMDV SPEEDBOX以外に使ったのはこの3つ。
150208_10.jpg
左から順に
・発光部分と同サイズの気休め程度の箱型ディフューザー!
・小型のディフューザー(ただし、ふにゃっとしてて固定しづらい)
・そこそこの大きさのディフューザー(ただし、ぺたっとして綺麗に広がらない)

便宜上、それぞれを、箱型・小型・中型と記載します。


カメライベントなんかでディフューザーを試させてもらったりしてましたが、効果がいまいちだったので、今までは安物のしか買ってきませんでした。


新しいモノ買うと、色々遊びたくなりますね!
という訳で比較テスト。

ストロボを左から近距離で
150208_11.jpg
基準設定
照明:LED照明を左から
ストロボ設定:マニュアルで発光量1/32 焦点距離24mm(ワイドパネル無し)
カメラ設定:ISO200 1/100秒 F3.2


直射
150208_12.jpg

直射(比較の為、発光量1/64)
150208_13.jpg

箱型
150208_14.jpg

小型
150208_15.jpg

中型
150208_16.jpg

SPPEDBOX-50
150208_17.jpg

額に当たるハンドパーツの影が、ディフューザーが大きくなるにつれて徐々にボケていき、SPEEDBOXで一気になくなりました。
あとは小型のディフューザーから光が回り込んでアイにハイライトが徐々に入ってきてます。
さすがにSPEEDBOXの大きさになると、ヘッドの正面まで光が回って均一になりますね。

意外に気休めだと思ってた箱型が直射に比べて優秀だったのに驚いたw



ストロボの位置を変えてもう1パターン。
正面から、少し離れた位置で
150208_18.jpg
基準設定
照明:LED照明を左右から(自分が普段使ってる状態)
ストロボ設定:マニュアルで発光量1/32 焦点距離24mm(ワイドパネル無し)
カメラ設定:ISO100 1/80秒 F3.2


ストロボなし(光量不足なのでISO200に)
150208_19.jpg

直射
150208_20.jpg

直射(比較の為、発光量1/64)
150208_21.jpg

箱型
150208_22.jpg

小型
150208_23.jpg

中型
150208_24.jpg

SPEEDBOX-50
150208_25.jpg

背面に影が出やすい位置取りで撮りましたが、見事なまでに影が薄まりました。
SPEEDBOX以外は輪郭がボケた程度ですが、それでも直射に比べれば断然マシです。
一番は、ストロボなしでもうちょい露出調整した方がいいでしょうね。

普段の撮影には、あんまり使わないかもしれませんが、室内の機材が持ち込める撮影なら重宝しそうです。

そんな訳で、女子高生霊夢さんの撮影会でした(違



機材関係でついでに・・・
CP+に向けて各社新型を発表してきたので、行くのが楽しみになってきました。
ペンタックスユーザーにとって念願のフルサイズが発表されたし、キヤノンもバカみたいな画素数の出してきたしで・・・まぁ買えないけどね!
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


コメント

お疲れ様です。

本格的な撮影スタジオみたいになって来ましたね。
比較記事参考になります。

よく四角形、六角形、八角形とよく目にするんですが、
形って違いが出るんでしょうかね?

PC+ですか、5Dsの情報期待してますw
2015/02/11(水) 00:34:38 |URL|あずち #- [編集]
Re: あずちさん
こんにちは~

ドーラーでこのSMDV社のを使ってるのを見て気になってて買ってみましたが、こういう道具あるだけで無駄に凄く見えますねw
比較は簡易的なものですが、ぐぐると沢山出来てます。

> よく四角形、六角形、八角形とよく目にするんですが、
> 形って違いが出るんでしょうかね?
効果は形よりも大きさですからね。
キャッチライト入れる場合は別としても、たんに収納時のことを考えてるのかなと思ってます
(多角形だと傘みたいに畳めるし)


CP+は、キヤノンブース混むだろうな(;´Д`)
とりあえず5Ds/5DsRに、あと個人的に一番気になる8000D見てきますw
2015/02/11(水) 23:09:31 |URL|しきぶ #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://npshikibu.blog22.fc2.com/tb.php/568-42b73f80

TOP

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

しきぶ

Author:しきぶ
60cmドールのドルフィードリームをメインとした雑記です。
軽い気持ちで始めたらいつの間にかどっぷり浸かってました。
おもちゃ箱の通り、たまに違う玩具のも書いたり。

リンクフリーですのでご自由にどうぞ~

カウンタ

カレンダー

ブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード