出水と深雪ToyBox

ニッシン i40【オートでテスト】

2014年10月06日(月)22時30分
買ってから既に4ヶ月弱経ってますが、ニッシンデジタルのi40レビューですw
実際には1ヶ月経たないくらいの時にレビュー用の写真撮ってたら、突然発光しなくなるというアクシデントが。
ニッシンに送ったら数日で戻ってきたので、対応はとっても早かったです。

つまりレビューが遅いのは俺の怠慢!(ぉぃ
141006_01b.jpg
ものとしてはマイクロフォーサーズ用。
手持ちのストロボと大きさ比較したものは、買った当時の記事で。


今回は(そもそも次回があるのか?)、基本的にオートのみで、調光補正も何もしないガチオート設定での比較テストです。
比較したのは
 E-PM1 + i40
 EOS KissX4+スピードライト430EX


発売時期は違いますが、ボディもストロボもほぼ同クラスということで。


公式にも載ってるし、他にもいっぱいレビューあるでしょうが、まずはi40について。

最近じわじわと売れてきてる?気がしますが、こいつは同クラスと比較して小型なのが売りです。
ヘッドの大きさはしょうがないとして、ボディ部はほぼ電池BOX状態。よくここまで詰め込んだなーと。
141006_02.jpg

操作系は、ボタン2つに、ダイヤル2つ。430EXと比べると凄まじくシンプルですが、機能的には大差なし。
調光補正はダイヤルまわすだけなので、これは使いやすい・・・・けど、軽く回りすぎて気が付くと動いちゃってることが何度かありました。ここはもう少し硬いと助かりますね。
141006_03.jpg

上の写真とは逆ですが、左が430EXで右がi40。
他の人達はどうやってるのか分かりませんが、自分はストロボを持ち運ぶ際、上方バウンズの真っ直ぐな状態に鞄にしまいます。i40は、限界まで小型化したせいで、真っ直ぐにならなくて、収納時に限定すれば430EXの方がしまいやすかったり。
現在はヘッドを180度逆にしてしまってますが、収納方法さえ確立すれば不満は殆どありません!
141006_04.jpg

2万くらいのお値段で、ワイドパネル・キャッチライトパネル・専用ディフューザーまでついてくる豪華仕様。
141006_05.jpg

光量も十分にあるし、バウンズも全方位まわせるしと使い勝手はいいです。
それと最近のストロボにはけっこうついてますが、動画用のLEDライトが地味に便利。ストロボを動画モードにして、カメラは発光禁止にすれば、ストロボ焚くほどじゃないけど、ちょっと補助光が欲しい場合に使ったり。


本体はここまでにして、実際にテスト撮影へ。

ストロボはオートにしてカメラ側は
プログラムAE(Pモード)
感度:ISO200
ホワイトバランス:太陽光


こんな感じで三脚で位置固定、ストロボを交換しながら撮影してます。
141006_06.jpg



被写体との距離 約2m

E-PM1(ストロボ非発光)
141006_07.jpg

E-PM1+FL-LM1(カメラ付属ストロボ)
141006_08.jpg

E-PM1+i40
141006_09.jpg

EOS KissX4(ストロボ非発光)
141006_10.jpg

EOS KissX4+内蔵ストロボ
141006_11.jpg

EOS KissX4+430EX
141006_12.jpg

逆光状態でのテストですが、E-PM1+FL-ML1は非発光と大差ないくらい真っ暗です。
i40を使用したのは、さすがに問題なく日中シンクロできてます。
430EXと比較しても露出の差程度で、ストロボの違いによる差はなさそうですね。

ちょっと意外だったのが、KissX4の内蔵ストロボが優秀でした。
あと・・・KissX4の設定ですが、間違えてハイスピードシンクロにし忘れてました・・・
普段なら失敗写真になっててもおかしくないけど、Pモードだったおかげで助かったw



被写体との距離 約80cm

E-PM1(ストロボ非発光)
141006_13.jpg

E-PM1+i40
141006_14.jpg

EOS KissX4(ストロボ非発光)
141006_15.jpg

EOS KissX4+430EX
141006_16.jpg

1枚の写真と同様の傾向。
ヘッドも十分明るくなってるし、この程度の距離であれば何の問題もなく使えます。
普段使ってる時にも感じますが、オリンパス(というかE-PM1)は露出がややアンダー目になりますね。



今度は室内撮影でのテスト。

設定は野外と殆ど同じですが薄暗いので感度のみ若干上げてます。
プログラムAE(Pモード)
感度:ISO400
ホワイトバランス:太陽光


普段使ってる撮影スペースで、照明を右側のみにしてます。


被写体との距離 約40cm

E-PM1(ストロボ非発光)
141006_17.jpg

E-PM1+FL-LM1(カメラ付属ストロボ)
141006_18.jpg

E-PM1+i40
141006_19.jpg

EOS KissX4(ストロボ非発光)
141006_20.jpg

EOS KissX4+内蔵ストロボ
141006_21.jpg

EOS KissX4+430EX
141006_22.jpg

被写体との距離が近すぎるせいか、外付けのストロボは両方とも露出オーバー。
これがストロボの最低光量なのか分かりませんが、明らかに失敗。

逆に内蔵(付属)の方が光量が少ない分、バランスいい光量になってます。



被写体との距離 約40cm(1つ前のと同じ距離でズームで寄った)

E-PM1(ストロボ非発光)
141006_23.jpg

E-PM1+i40
141006_24.jpg

E-PM1+i40(上方バウンズ)
141006_25.jpg

EOS KissX4(ストロボ非発光)
141006_26.jpg

EOS KissX4+430EX
141006_27.jpg

EOS KissX4+430EX(上方バウンズ)
141006_28.jpg

ストロボ直射は1つ前と同じように、いかにもストロボ焚きました!という感じの露出オーバー目。
バウンズすれば露出の差こをありますが、両方とも同じような配光になってます。

普段E-PM1を使ってる時、露出補正で+1/3~2/3段にして使ってるので、アンダー寄りになるのはストロボではなくカメラ側の問題ですね。



テストで撮影した分には、特に問題ない感じで使えてます。
ただ条件によっては(これは純正でもありえますが)、オート+露出補正じゃ思うように撮れないこともあるので、マニュアル発光で撮影する場合もありました。


あとは野外テストの時に完全にカメラ任せで撮影したものを。
手の位置が殆ど同じなのは直すのが面倒だったからw
141006_29.jpg
141006_30.jpg
141006_31.jpg
141006_32.jpg
141006_33.jpg
141006_34.jpg

最後から3枚目のは、FP発光のせいで光量不足なのか、それとも距離情報がなくてうまく調整できてないだけなのか分かりませんが、被写体が妙に暗いです。

あんまり褒めるような事書いてませんが、小型で十分な光量あるので、これからも愛用してく予定です。
オートがダメならマニュアルで撮ればいいだけさ!
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


コメント

こんばんは~

ニッシンi40退院されてたんですね^^
発光テストを兼ねての野撮お疲れ様でした~
比べてみると、kiss X4の内蔵ストロボもなかなか良く撮れてますね^^
私も逆光時の内臓ストロボには結構助けられてますよw

霊夢さんの秋コーデ、とってもお洒落ですね!
うちの霊夢と違って、とってもエレガントに見えますw
秋の海もいいものですね~
空がとっても高くて気持ち良さそう♪
栃木には海が無いので、山にします(ぉ
2014/10/07(火) 02:15:31 |URL|でぃあず #- [編集]
Re: でぃあずさん
こんにちは~

> ニッシンi40退院されてたんですね^^
退院というか、新品交換でしたねw(3~4ヶ月前の話ですが)

> 比べてみると、kiss X4の内蔵ストロボもなかなか良く撮れてますね^^
> 私も逆光時の内臓ストロボには結構助けられてますよw
Pモードだと意外と優秀でびっくりしましたw
ストロボ使う場合はPモードにする事もありますが、普段使ってるのがAvモードなので日中は扱いづらいんですよね。

> 霊夢さんの秋コーデ、とってもお洒落ですね!
これはドルショで購入したやつですね!
(その後ボークスの委託コーナーに普通にあったけど)
折角買ったなので、テストのお供にしてみました。

> 栃木には海が無いので、山にします(ぉ
海に来てもいいんですよ~
いつでもお待ちしてますよ~w
2014/10/08(水) 01:07:57 |URL|しきぶ #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://npshikibu.blog22.fc2.com/tb.php/526-b9265392

TOP

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

しきぶ

Author:しきぶ
60cmドールのドルフィードリームをメインとした雑記です。
軽い気持ちで始めたらいつの間にかどっぷり浸かってました。
おもちゃ箱の通り、たまに違う玩具のも書いたり。

リンクフリーですのでご自由にどうぞ~

カウンタ

カレンダー

ブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード