出水と深雪ToyBox

太もも修理

2014年06月04日(水)01時07分
我が家の初期DDSフレームである霊夢のボディですが・・・
去年からずっと太ももの軸受けにヒビが入った状態だったけど、そのまま使ってました。

一応予備パーツは買ってあるんですが、いい加減交換しようぜ!
とう気持ちにようやくなったので実行・・・しようとしたんですが、新品パーツと比較するとかなーーーーり色味が違うんですよね。

なのでフレームだけ交換にしようかとも考えたんですが、どうせフレーム取り出すならダメもとで修理しようと。
140604_01.jpg
とりあえず、外皮からフレーム取り出すのに、かなり力いれないと取れませんでした(;´Д`)


まず、比較として現在ボークスで売ってるのと、初期フレームの比較ですが、軸受け太くなってるね。
上半身フレームについては情報出回ってますが、太ももも太くなってるとは思わなかった。
140604_02.jpg


とりあえず外皮をドライヤーで温めて、ペンチで全力を出して引っ張ってようやく抜けました。
おかげで軸受けボロボロだよ(´・ω・`)
140604_03.jpg

引っこ抜いた状態。
140604_04.jpg

ばらばら~っと。
140604_05.jpg

ここが思いっきり割れてるので、べたべたと接着剤を流し込みます。
140604_06.jpg

内側だけは綿棒で余分な接着剤をふき取り。
外側は気にしない。
140604_07.jpg

密着させるのに、洗濯バサミではさんで一晩放置プレイ。
140604_08.jpg

さすがに接着剤だけじゃ無理があるので、エポパテで外側を補強します。
2種混合タイプなので、こねこねこねこねこねこね・・・・
140604_09.jpg

軸受けの外側にべたべたと貼り付けて行きます。
上半身フレームを修理した時と同じ方法ですね。
140604_10.jpg

取り出したエポパテが多すぎて余ったので、他の部分の弱そうなとこに肉盛りして補強。
それでも余ったけどね!
140604_11.jpg

硬化するまで1日あれば十分ですが、忘れてて2日放置しました。

それで軸受けを肉盛りすれば、その周りも削る必要があるので、ヤスリでごりごり削ります。
とりあえずこのくらい削ればいいかなーと。
140604_12.jpg

それと太ももを内側に密着させる改造されてる人もいるので、修理した方の太ももだけ、軽くですがついでにやっておきました。
140604_13.jpg

補修したパーツを組み立てて、外皮に入れて完了です。
140604_14.jpg

補修前は、スタンドに立たせたり、何かに寄っかかる状態なら大丈夫だったんですが、ドール単体での自立は危険な状態でした。
補修後は問題なく立てるように!
140604_15.jpg

太もも同士も、少し密着気味になった、ような気がする。
140604_16.jpg

ぺたんこ座りさせると、若干きしみますが、とりあえず問題なさそうです。
140604_17.jpg

結局、交換用に買った予備パーツは使わずに修理で済んだという。
霊夢の初期フレームは、予備パーツ買っても、今のとこ補修で何とかなっちゃってますね。

今まで破損したのが、上半身フレーム2ヶ所と今回の太ももですが、補修に使ったのって全部手持ちの材料でボルト・ナット、エポパテ、接着剤と、合計しても1,000円ちょっと。使った分だけで考えれば数百円。
そして、使ってない予備パーツで10,000円以上してるw

そんな訳で、何度も補修を受けて中身がボロボロな我が家の霊夢さんでした。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://npshikibu.blog22.fc2.com/tb.php/482-6a3e48d8

TOP

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

しきぶ

Author:しきぶ
60cmドールのドルフィードリームをメインとした雑記です。
軽い気持ちで始めたらいつの間にかどっぷり浸かってました。
おもちゃ箱の通り、たまに違う玩具のも書いたり。

リンクフリーですのでご自由にどうぞ~

カウンタ

カレンダー

ブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード