出水と深雪ToyBox

コタツ製作過程

2012年01月16日(月)01時30分
簡単にですが、1/3サイズのコタツの製作過程やら材料やらを。

まずは、メインとなる本体と天板部分から。
コタツ本体は材料を買って作っても良かったんですが、出来合いの台でいいのがあったのでそれを使用しました。
1個作るだけなら、出来合いのやつの方が安く済む場合もあるのでw
コタツ本体:万能台(400x300mm) 498円
天板:ベニヤ板(450x300mm) 238円
天板の縁:カブセ(モールみたいなやつ) 73円x2本

120116_01.jpg

まず台はこのままじゃ位置が高すぎるので、足を切断します。
ドールを座らせた時に合うように高さを調整。
120116_02.jpg

印をつけて、あとはノコギリで4本切ります。
120116_03.jpg

高さはこれでいいんですが、このままだと太ももがギリギリ入るくらいの高さしかないので、上の部分?も少し切っていきます。
120116_04.jpg
赤い印の部分を切って、ドールの足が入りやすくします。
120116_05.jpg
あとは切った部分全体をペーパーがけして整えます。
まぁ自分用なので、軽くしか削ってませんが。

続いて天板部分へ。
元々サイズが合うベニヤを買ったので、本体のサイズに合わせて1辺だけ切って、本体と同様にペーパーがけします。
120116_06.jpg

さすがにベニヤ切っただけじゃ物足りないので、天板の縁を取り付けます。
買った物の名称がよく分かりませんが、レシートにはカブセとしか記載が・・・
要するに縁にカバーするやつですw
これを、必要な長さに切って貼り付けます。ちょっと失敗して長さが足りなくて1角だけベニヤが見えてますが、気にしないでください。
120116_07.jpg

あとは、100x70cmのひざ掛けを3枚ほど使い、コタツ布団にしました。
1枚は下に敷いて、2枚は純粋にコタツ布団に。見た目だけならコタツ布団は1枚でもいいんですが、より実物に近いようにするため、2枚にしました。
ひざ掛けは3枚で999円。実は材料費の中じゃこれが一番高い・・・
120116_08.jpg

本来であれば、ここで完成の予定だったんですが、コタツのヒーター部を!という要望があったので機能を追加することに!
という訳で、コタツ本体ではノコギリと紙やすりしか使わない日曜大工でしたが、今度は電子孝作の時間です。
使った材料はこんな感じですが、実際に作業を進めてて変更がありました。
一部元から持ってた物もあるので、全部が新規で買った訳じゃありません。
抵抗 150Ω:手持ち品ですが、1個1円程度
LED 赤:手持ち品で、LED・抵抗の5セット210円
電線:190円で購入しましたが、結局使ってません
USBケーブル:電源ケーブルとして使用。105円
タッパー(大):ヒーターカバーとして使用。105円(実質35円)
タッパー(小):ヒーター発光部として使う予定で結局使ってません

120116_09.jpg

まずは・・・
USBケーブルをぶった切る!
120116_10.jpg
これはUSBコネクタから電源供給するために使います。
なので、電源のラインを確認しないといけませんが、赤が+で黒-だと思いますが、テスターで端子と線をチェックします。
コネクタの方は両端がそれぞれプラスとマイナスというのは分かってるので。
120116_11.jpg

ちなみに電源に使うのはコレです。
乾電池4本で、接続は使い勝手を考えてUSBA(メス)のコネクタを備えてます。
これは以前自作したやつで、抵抗も入れてなければ、整流ダイオードもないというモノなので機器のよっては壊れますw
市販されてるのだとちゃんと5V/500mA出力なので、そちらをお勧めします。
120116_12.jpg

続いて、ヒーター部分の製作に。
本当はタッパーの小さいのにナツメ球を入れて使おうとしたんですが、100V仕様のを改造すれば5Vで動かせるかなーと思ったんですが、バラすのが無理そうだったので、素直に赤いLEDを使うことに。

それでLEDにするなら筒状のモノの両端から内側に向けて光らせればいいかなーと。
ホームセンターで物色してる時にいいのが見つからなかったんですが、作ってる最中に、カッターの替え刃ケースを見つけて、それを使うことに。
120116_13.jpg

ケース両端にLEDをつけるための穴をピンバイスで開けます。
そこに端子を通して向きを固定。
120116_14.jpg

リード線が外を通るとちょっと格好悪いので、端子とリード線を半田付けしたら、線を通す為の穴を開けてケース内部を通し、反対のLEDへ。
半田付けの部分が見えてるのは、ただの妥協点です。
120116_15.jpg

LEDを並列で繋いで、それぞれ半田付けしたら、150オームの抵抗を取り付けます。
使う電池にもよりますが、これで1個当たり10~15mA程度流れるはずなので、光量は大丈夫なはず。
120116_16.jpg

一度動作確認で電源と繋いでみて、いい具合の明るさだったのでこれでOK。
本当は可変抵抗つけて、明るさ調整を温度調整に見立てればいいかとも思ったんですが、面倒だったのでやめましたw
120116_17.jpg

最後のパーツとなる、ヒーターのケース部分へ。
中央の木材が邪魔でそのままじゃ取り付けできないので、ケースを少し削ります。
120116_18.jpg

木材を削るよりも、タッパー切った方が楽なのでこうしましたが、より完成度を求めるなら逆の方がいいかもしれません。
120116_19.jpg

今度はタッパーの側面にドリルで穴をあけて、USBケーブルを通します。
そして、ケーブルとヒーター部を半田付けして、ヒーター全体の完成となります。
120116_20.jpg

コタツ本体に取り付けるのに、ヒーター部をケース部の両端(耳の部分)をドリルで穴を開け、ネジ止めします。
タッパーを選ぶ際に、この耳の部分をネジ止め用として使うために、このタイプを選びました。この方が作る時に楽だったので。
120116_21.jpg

後は上下を戻せば、完成です!!
120116_22.jpg
でも、発光部なんて上から布団被せたら全く見えないのでネタ用ですねw

材料費としては、2,500円くらいかかってます。
ただ、抵抗やLEDなんかは全部使った訳じゃなく、10~100個単位で買ってるので、実質的な材料費は2,000円くらい。更に、コタツ布団なんかを1枚で済まして、下に敷いてるのなんかも不要だとなれば、1,500円もかかりません。
純粋にコタツ本体・天板のみであれば1,000円まで下がる・・・
ヒーター部はそんな高い部品ないので恐らく100~150円くらい。
意外と安いですね。


ちなみにヒーター部を光らせる場合は、当然電源が必要になります。
今回使ったのは左の自作のタイプですが、他2つのエネループブースター系でも問題なく光ります。右のはiPhone用に買った物で、リチウムイオンタイプ。下のは単3電池2本で動くタイプです。
あと、持ってはいませんが、ACアダプタでUSBに変換するやつなんかでも使用可能なので、電源をUSB接続にすると何かと便利なんですよ。
120116_23.jpg
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


コメント

コタツは日本人の心
しきぶさんの、自作に対する熱意と努力に乾杯!

いやぁ~、コタツの製作工程、凄く分かりやすくてためになりました!
本体に万能台を使用したのはアイデアの勝利ですね!
しかも、それをドールサイズに合わせるために切ったり削ったりと並々ならぬ努力と知恵をうかがい知る事が出来ますw

そして何よりコタツの発光機能の図解は最高です^^
こんな無駄機能までつけるはめになってしまい申し訳ないです(´・ω・`)
私にはコタツの外観は作れそうでも、中のヒーター部の自作は無理っぽいです^^;
私もこれを参考にして作ってみようかなw

今度は無駄機能として掘りごたつを(ぇ
2012/01/16(月) 21:24:21 |URL|でぃあず #- [編集]
Re: コタツは日本人の心
昔から、何かしら作るのが好きなので、こういうのは苦にならずに出来たりします。
小学生の頃からノコギリ持って庭で何か作ったりとかしてましたからw

今回作ったコタツも、そんな難しいものじゃないのでやる気さえあれば作れますよっ!
必要な道具は、ノコギリ1本あれば可能です!

> 本体に万能台を使用したのはアイデアの勝利ですね!
> しかも、それをドールサイズに合わせるために切ったり削ったりと並々ならぬ努力と知恵をうかがい知る事が出来ますw
実はこれ逆に、手抜きするための手段だったりします。
出来合いのもの使った方が楽ですからね~

> 今度は無駄機能として掘りごたつを(ぇ
それはさすがに(サイズ的な意味で)無理ですw
2012/01/17(火) 00:11:18 |URL|しきぶ #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://npshikibu.blog22.fc2.com/tb.php/169-907bf56c

TOP

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

しきぶ

Author:しきぶ
60cmドールのドルフィードリームをメインとした雑記です。
軽い気持ちで始めたらいつの間にかどっぷり浸かってました。
おもちゃ箱の通り、たまに違う玩具のも書いたり。

リンクフリーですのでご自由にどうぞ~

カウンタ

カレンダー

ブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード